Gradle Plus

MENU
HOME記事一覧暮らし・ライフスタイル
【連載】日々是好日①~daybyday4年目の春

暮らし・ライフスタイル

【連載】日々是好日①~daybyday4年目の春

2020/04/28

今住んでいる場所や人、環境に感謝をしその中で自分に出来る事は何かを考えて日々精一杯生きていく事が出来れば人生はどんなに楽しいだろう、そう思ってこの先もずっと過ごしていきたいと思っています。

咲き始めた桜を見ても美しさもなにも感じることができなかった2週間ほど前。

「せっかく咲いた桜も今年はみんなに見てもらえなくてかわいそうだのぉ」
お客様が寂しそうに言っていたのを思い出して、一度くらいは桜をゆっくり眺めてみようと人もまばらで静かな遊佐の川沿いへ。

久しぶりに外でゆっくりと深呼吸をして、まだ雪をかぶった鳥海山に目を向ける。黄色い絨毯のような菜の花、満開の桜並木と風をうけてそよそよと泳ぐ鯉のぼりの姿は、世界の騒動とは無関係とばかりに雄大で誇らしくいつもと変わらずそこにありました。ほんの束の間のほっとする時間。現実逃避も時には必要なものですね。

広くて青い空や海、美しい花を咲かせている自然や、「なんにも知らないわ、それより早くごはんちょうだいよ」とすり寄る猫、追いかけっこして全力で走って転んでもケラケラ笑う近所の子どもたちの笑顔に、今居る現実世界は自分の気持ちの持ち方一つで如何様にも変えられるんだよとメッセージを受取る。

わかっていてもなかなか上手くいかない自分との葛藤はしばらく続いて、そんな虚無感の中でも毎日のごはんはなぜか不思議なほど美味しかったです。
ただの食いしん坊と言う声も聞こえてきそうですが、、、
時間になればちゃんとお腹は空いてきて、やっぱり食べる事は生きる事なんだとあらためて思い知ります。

「休業」が今できる最優先策と頭の中にいつもチラつかせながら、でも生きていくには営業は続けなければならないという矛盾を抱えての作業。
持ち帰りだけの営業に切り替えた時の大きな不安。

大変な状況は誰もが同じ、と開き直りにも似た思いで始めたテイクアウトでしたが、こんな世の中の状況にもかかわらずたくさんの注文をいただきお客様から温かい言葉をかけていただきました。逆に励まされる事の方が多くて、人の温かさに感謝という言葉以外見つからない毎日です。

雨や風で花が散り始めた頃になってしまいましたが、ようやく桜を美しいと感じられるようになりました。

同業で飲食店を営む知人達もお弁当を始めているのでテイクアウトしてゆっくりできる休日に自宅で有り難くいただいています。どれも手間暇かけた美味しい料理に様々な想いが溢れてきます。

食の都庄内という名の通り食文化と料理人の素晴らしさ、食べるほどに身体がみるみる元気になっていく感覚に「食」という存在の素晴らしさも再認識。やっぱりこの仕事を続けてきて本当に良かったと、皮肉にも世界的パンデミックの真っ最中に何度も何度も繰り返し思っています。このパンデミックという先の見えない大きくて高い壁はなかなかのピンチ。

けれど、こんなに自分と向き合う事は人生の中でもこの先そう無いだろうと思うと、この目の前の壁は大きなチャンスであって、よっこらしょと乗り越えた先にはまた違う新しい自分に出会えるだろうと信じ、さて明日は何を作ろうかとあれこれレシピを想い巡らせメニューを組み立てる日々は繰り返し続いていくのでしょう。

daybyday Instagram
daybyday Facebook

この記事を書いた人
長南みゆき

Chonan Miyuki

食生活の管理不足が原因で体調を崩し、東京よりUターンした後、家の食事で体調が戻り食の大切さに気づく。2003年に母と農家レストラン「知憩軒」を鶴岡市の自宅で開業。2017年独立し酒田市に「daybyday」開業。庄内の野菜をベースにした郷土料理、日常料理を提供している。

Cradle 最新号
クレードル旅行倶楽部
ONLINE SHOP
サポーター募集