Gradle Plus

MENU
HOME記事一覧暮らし・ライフスタイル
【連載】日々是好日⑤~心穏やかに過ごすために 

暮らし・ライフスタイル

【連載】日々是好日⑤~心穏やかに過ごすために 

2020/12/14

今住んでいる場所や人、環境に感謝をし、その中で自分に出来る事は何かを考えて日々精一杯生きていくことが出来ればどんなに楽しいだろう、そう思ってこの先もずっと過ごしていきたいと思っています

daybydayのランチプレートは野菜が中心でほぼ和食です。このスタイルは私自身が食べていると身体と心が安定し体調を良い方向へ導いてくれます。

山形を離れ一人暮らしをしていた時に食生活を疎かにして体調を崩してUターンしました。その後母の食事で回復しこともあり、今は自己管理も兼ねてメニューを考えています。また、身土不ニという言葉がありますが、地の旬の食材や伝統食が身体に良いという意味でも自然な流れで今の食のスタイルに至っているように思います。

小さい頃から麺類、お菓子やパン、甘いもの全般が大好きで特に節制することなく好きなものを食べていました。

身体の変化に気づいたのは8年前位からです。好きなものなのに食べ続けると気持ちが落ち込み、怠くてやる気が無くなるような気がしたのです。仕事をしていても集中力が続かず、すぐ横になりたくなる。こんな自分が情けなく感じて原因を探すことを始めました。

しばらくして原因となっているかもしれないキーワードが分かってきました。私の場合は小麦と砂糖のようです。

どちらも私の大好物ですので信じたくはなかったけれど、やる気が出ずに仕事に集中できない毎日から抜け出すためには身体に合わないものは排除しなければなりません。すぐに小麦と砂糖を取り入れるのを控えてしばらく様子を見たところ、効果は1ヶ月位でだんだんと現れました。

今ではほぼ毎日体調は良好です。好きなものを全く食べずにいるとストレスにもなるので我慢はしないように多少の小麦と砂糖は許しています。

砂糖と小麦だけが原因ではないかもしれませんし、人によって合うもの合わないものがあると思います。私の場合は小さい頃から極端な量を身体に取り入れ過ぎていたのかもしれません。その位好きなものばかり食べていました。体調も今よりずっと不安定で酷かったように思います。

野菜を食べていると身体に負担がなく栄養が染み込んで自分の細胞が喜んでいるのがわかります。新鮮な地元の野菜ならなおさらです。味噌、醤油などの発酵食品もそうです。細胞レベルで自分が欲しているものに気付き、取り入れてあげることで必ず身体は応えてくれるでしょう。

自分のそんな経験を元に、身体と心が穏やかな状態で暮らせる方向へ導く食事を届けられたら良いな、そんな気持ちで料理をさせていただいています。きっと言わずともご来店くださるお客様はそう感じて足を運んでくださっているようにも思います。

届けたい想いを仕事にし、それを受け止めてくださるお客様がいる。ありがたく、幸せな仕事だとつくづく感じる毎日です。

みなさまの穏やかで健康な日々が続きますよう祈りながらお店でお待ちしております。

写真/土田貴文

daybyday Instagram
daybyday Facebook

この記事を書いた人
長南みゆき

Chonan Miyuki

食生活の管理不足が原因で体調を崩し、東京よりUターンした後、家の食事で体調が戻り食の大切さに気づく。2003年に母と農家レストラン「知憩軒」を鶴岡市の自宅で開業。2017年独立し酒田市に「daybyday」開業。庄内の野菜をベースにした郷土料理、日常料理を提供している。

Cradle 最新号
クレードル旅行倶楽部
ONLINE SHOP
サポーター募集