Gradle Plus

MENU
HOME記事一覧その他
Cradleコンサート (12/11開催) 「谷川俊太郎を歌う、谷川俊太郎を弾く」 ―Cradle小林編集長がコンサート企画の思いを語ります―

その他

Cradleコンサート (12/11開催) 「谷川俊太郎を歌う、谷川俊太郎を弾く」 ―Cradle小林編集長がコンサート企画の思いを語ります―

2019/11/15

Cradleでは、今回初めての企画ですが、コンサートを行います。

素敵な音楽を身近に楽しみたい。大都市、中都市でもないけど地元で生の演奏を楽しみたい。前からそんな企画がしたいと思っていました。誰にお願いしようか。それはやはり小室等さん、そして谷川賢作さん。

小室さんはご存じ日本フォークソング界の元祖ともいえる存在、六文銭による「雨が空から降れば」、六文銭+上條恒彦の「出発の歌」などの名曲は聴いたことがあるでしょう。谷川賢作さんは、詩人谷川俊太郎さんの息子、NHK「その時歴史が動いた」のテーマ曲作曲など、作編曲、そしてピアニストとしてご活躍で素敵な音を奏でます。

お二人との出会いは、私が地元銀行荘内銀行に勤めていた時、いまから13年前にさかのぼります。当時私は米沢で勤務していたのですが、取引先である高畠ワイナリーさんの毎年恒例の収穫祭のメインゲストがお二人でした。前日お二人を囲む食事の会があり、当時の社長奥山徹也さんから来るかと誘われ是非にとお願いしました。

初対面で緊張したのですが、奥山社長の人柄もありとても和やかで楽しい食事となりワインも進みました。翌日の高畠ワイナリーのガーデンでの野外コンサート、小室さんの歌声にギター、そして谷川さんのピアノが心地よく絡み合いとても素敵なコンサートで満員のお客様から鳴りやまぬ拍手が続きました。

CD「NO GOOD WITHOUT YOU」ジャケット

そして今から11年前の5月、荘内銀行創業130周年の置賜地区のイベントを小室さんにお願いしました。当時「NO GOOD WITHOUT YOU」というスタンダードジャズ曲をメインに小室さんと谷川さんの音が響き合う素敵なCDがありましたが、このCDを中心にした曲構成でお願いしました。谷川さんはスケジュールの関係で来れなかったのですが、小室さんの素敵な歌声とギターに酔いしれる夜となりました。

翌日ホテルに迎えに行き近くでコーヒーを飲んだ時、今度は鶴岡でもお願いできませんかとお話したら、やろうかと快諾いただき、早速谷川さんに電話し日程調整してくれました。そしてその年の12月鶴岡の「Cafe RIDEA」でお二人のコンサートとなりました。昨年亡くなった佐藤元さんの店でやることになり、デザイナーである佐藤さんが作ってくれたポスターがこれです。

お二人のサインは当日演奏後にいただいたものです

50名程度しか入れない空間でしたが目の前で小室さんと谷川さんの演奏を聴く贅沢なコンサートでした。小室さんの素敵な歌とギターがメロディーを奏でると、間奏で谷川さんのピアノが軽やかに澄んだ音色を響かせます。特別に「ドア」という、CDにも入っている小室さんオリジナルの曲を私からお願いしてたのですが、小室さんの詩、二人の息の合った演奏に涙が出るほど感動しました。

終わってからの打ち上げも盛り上がりました。RIDEAの美味しい地元野菜を使った料理とワインに話も弾み、谷川さんのピアノ即興演奏が入ったり遅くまで楽しい夜を過ごしました。その時の写真です。佐藤さんもとても喜んでくれました。懐かしいひと時です。

左から谷川さん、佐藤元さん、小林、小室さん

私が「鶴岡まちなかキネマ」の社長をやった時も、開館一周年の記念コンサートに小室さんに来てもらいました。娘さんのこむろゆいさんと一緒の素敵な演奏も聴かせてくれました。

初めてのCradleコンサートには、やはり小室さんと谷川さんから来てほしいと思い、山形市のサンセットスタジオ早坂実さんにお二人への依頼とスケジュール調整をお願いしました。お二人ともお忙しい日程の中、久しぶりの庄内だからと快く応諾いただきました。そして7月半ば東京に出向き小室さんにお会いしました。

「場所はどこがいいでしょうか」、「うん、池袋の西武デパートにある千疋屋でどうだろう」。千疋屋でコーヒー、そしてパフェも頼みどんなコンサートにするか打合せしました。私から、一昨年出されたCD「プロテストソング2」がとても素敵なのでそれを中心にお願いしたいと伝え、小室さんも了解。どんな打ち出し方をするか、キャッチコピーをどうするか話していると、小室さんが『「谷川俊太郎を歌う、谷川俊太郎を弾く」でどうだろう」と、「わぁー、いいですね」と決まりました。

「プロテストソング2」は全曲谷川俊太郎の詩、その殆んどに小室さんが曲を付け、そして谷川賢作さんがピアノで加わっている素敵なアルバムです。小室さんは若いころから谷川親子と交流があり、今までも1978年のCD「プロテストソング」など一緒に創作活動をしてきました。

今回のコンサートでは谷川俊太郎さんの詩に、小室さんが曲を付け、息子の谷川賢作さんがピアノを弾く、何とも素敵な演奏を生で聴くことが出来ます。そして「NO GOOD WITHOUT YOU」からのスタンダードジャズ、さらに「雨が空から降れば」、「出発の歌」などの懐かしい小室さんのメロディーも演奏が予定されています。会場は庄内町文化創造館「響ホール」、素敵な音色が大ホールに響き渡ることでしょう。

Cradleコンサート

日時:
12月11日(水) 19:00~(開場:18:00)

会場:
庄内町文化創造館「響ホール」大ホール(地図

チケット:
全席自由席
前売券:4,000円、当日券:4,500円
Cradleサポーター:3,500円

プレイガイド:
八文字屋鶴岡店、みずほ八文字屋、NHK文化センター庄内教室、マリーン5清水屋、庄内地区くらしのセンター(coop)・こぴあ、ブックシティとみや、響ホール

主催・お問い合わせ:
(株)出羽庄内地域デザイン 
電話:0800-800-0806(フリーアクセス)

この記事を書いた人
小林 好雄

Kobayashi Yoshio

株式会社出羽庄内地域デザイン代表取締役。地域文化情報誌「クレードル」編集長として自らツアーガイドも務める庄内の魅力発掘請負人。

Cradle 最新号
クレードル旅行倶楽部
ONLINE SHOP
サポーター募集