Gradle Plus

MENU

Cradle編集部 Cradle Editors

注目の記事 2022/08/29

「Cradle」2022年9月号を発刊しました
全ページ閲覧できます

2022年9月号全ページは下記表紙をクリック 特集 どこかの畑の片すみで 松尾芭蕉が、藤沢周平が、民田なすを味わった昔日、そこから地続きの郷土の味がある豊かさを「在来作物」は教えてくれます。孟宗の旬を今か今かと待ち、だだちゃ豆をザルで食べ、美しい菊の花を味わい、焼畑に育つかぶを食べる。「在来」とは …

注目の記事 2022/08/26

2022年9月号 奥田政行 表紙・COVER NOTE

外内島きゅうりと一緒に煮たツバイ “新鮮なツバイは瓜の香りがする”というダブルきゅうりの爽快な夏の一皿。きゅうりと貝が持つほのかな苦みに、きゅうりのみずみずしさとツバイの噛むほど増すうま味があわさり、ナッツとバジルペーストで香味がふくらみます。同じバイ貝でも、黒バイ貝を使うと土臭が出るという違いが。磯の …

募集中 2022/08/30

【10/8】酒井家入部400年の出羽庄内を訪ねる〈2泊3日〉

クレードル7月号で特集した「酒井家庄内入部400年」を小林編集長が丁寧にご案内します。 チラシ表面(クリックするとPDFが開きます) ●入部400年記念式典に参加德川宗家、徳川四天王の子孫が勢ぞろいします。・黒川能の上演・記念講演(講師:本郷和人 氏)・記念座談会※詳細は式典のチラシをご覧くだ …

注目の記事 2022/08/24

創刊12周年、ご愛読への感謝と、さらなるご支援のお願い

クレードルはおかげさまで創刊12周年を迎えました。 「Cradle」編集長 小林 好雄 いつもご愛読いただきありがとうございます。「出羽庄内の魅力を地域内外に発信する」をコンセプトに2010年9月に創刊し、おかげさまで12周年を迎えました。多くの皆さまからのご愛読、ご支援によるもの …

注目の記事 2021/02/17

クレードルサポーター募集中

サポーターを募集しております 《個人サポーター》Aコース:年会費 5,000円/【特典】「Cradle」年6冊、CradleカレンダーBコース:年会費 10,000円/【特典】「Cradle」年6冊、地元農産物年2回プレゼント、CradleカレンダーCコース:年会費 20,000円/【特典】「Cradle」 …

イベント・お知らせ 2022/08/26

9/10(土)~9/18(日) バーンロムサイ展

タイでHIVに母子感染した孤児たちの生活施設として1999年に設立された「バーンロムサイ」。タイ語で「ガジュマルの木の下の家」を意味します。チェンマイの工房では着心地のよい洋服や雑貨を製作し、運営をサポートしています。トキワ屋ではその工房で作られた品物を展示、販売。バーンロムサイの活動を知るきっか …

イベント・お知らせ 2022/09/07

10/9(日) 大橋純子とさだまさしを歌う♪
酒田うたごえ喫茶 in ミライニ

市民の皆さんの憩いのイベントである「酒田うたごえ喫茶」がミライニで開催されます。さまざまな年代の方々がジャンルを問わず歌って楽しむイベントです。 今回はリードボーカルなしでの開催。ご自身の「うたごえ」をじっくり聴きながら歌うことができます。※できるだけ皆さんが歌えるようなキー設定に配慮します。 「 …

イベント・お知らせ 2022/09/09

10/22(土)SESSION2022
第99回 明治ホールコンサート

東田川文化記念館・明治ホールで10/22(土)に開催される石原弘之さんと山澤昭彦さんのセッション。心にしみる歌声とギター、そしてまるで聖歌のような尺八本曲とコンピュータが紡ぎだすシンセサイザーの音。ハイブリッドな音楽空間が創り出す癒しのコンサートです。 10/22(土) SESSIO …

募集中 2022/06/29

【10/1】鳥海山トレッキングツアー〈1泊2日〉

いよいよクレードル旅行倶楽部のツアーを再開します。2年半ぶりにクレードル小林編集長と巡るゆったり旅の第1弾は「Cradle」5月号特集で 好評だった鳥海山のトレッキングを、鳥海やわたインタープリター協会のガイドさんが丁寧にご案内。天気が良ければ満天の星空を観賞し、 鳥海山荘でおいしい食事と温泉を楽しみます。初心者でも …

アート・デザイン 2022/05/12

高校生×企業のデザインプロダクト
酒田の観光PR手提げ袋

酒田舞娘、酒田ラーメン、庄内砂丘メロン、スルメイカ、平田赤ネギ、山居倉庫…。酒田を象徴するモチーフ10種類を大胆な構図と色彩でデザインした紙袋が、2022年2月28日に誕生しました。手がけたのは、山形県立酒田西高等学校の美術科選択の生徒とコマツ・コーポレーション(同市)。酒田市をPRする手提げ袋として、酒田市や観光物 …

イベント・お知らせ 2022/06/27

「Cradle」2022年7月号を発刊しました

特集「庄内入部400年②」   戊辰戦争に敗れ、賊軍といわれた旧庄内藩。酒井家庄内入部400年記念特集、第2弾では明治の近代国家成立の時代の中で酒井家がどこに向かって舵を切り、何を支柱に、どのように庄内の地域づくりを進めていったのか、その歩みをたどります。今も「殿が暮らすまち」のはるかな400年を学び、 …

食・食文化 2022/06/24

2022年7月号 奥田政行 表紙・COVER NOTE

庄内豚となすのロッシーニ仕立て フランス料理の「ロッシーニ風」は牛フィレ肉にフォアグラやトリュフをのせたものですが、こちらは豚フィレ肉に焼きなすとモッツアレラチーズの組み合わせ。しょうがをきかせたソースで、さっぱりとした夏のロッシーニ“仕立て”です。材料を見ると、豚肉となす、なすとチーズ、豚肉としょうが …

イベント・お知らせ 2022/04/25

「Cradle」2022年5月号を発刊しました

特集「夏の鳥海、山歩き」 あの美しく気高い姿に近づきたいという憧れと「この山よい山」と鳥海音頭を口ずさめる親しみと。 母のようで友のようで師でもあり、人々が心を寄せ信仰を集める鳥海山。 今回は「ちょっとそこまで」会いに行く気持ちで、地元の“山屋”のエキスパートの皆さんから トレッキングコースを案 …

食・食文化 2022/04/22

2022年5月号 奥田政行 表紙・COVER NOTE

ビーツと温海かぶのタルタル わさびジェラートのせ 見た目の愛らしさとは裏腹に、食べるとツンとした味。温海かぶ漬けの辛味とりんごの酸味が、ぼんやりした味のビーツと中和して、タルタルにすることで味を昇華させた一皿です。わさびのジェラートが溶けて6種類のハーブと合わさったソースが爽快感を生み、温海かぶの漬け汁 …

イベント・お知らせ 2022/02/25

「Cradle」2022年3月号を発刊しました

特集「私のおやつ時間」 お店を持たないおやつやさん。偶然手に入ったり贈られたりして出会った そのお菓子を楽しむたび、どんな人が作っているんだろうと気になってきます。 花より団子の季節はもうすぐ、すてきな作り手の皆さんに会いにいきました。 Cradleのバックナンバーから、特集の …

食・食文化 2022/02/24

2022年3月号 奥田政行 表紙・COVER NOTE

ホワイトデーの白いズコット バレンタインデーのお返しに奥田シェフが作るのは、聖職者の頭巾を模したイタリアンドルチェ「ズコット」のオリジナル版。ホワイトチョコのコポーをふわふわにあしらい、中にもホワイトチョコのクリームが詰まっています。バラの花はシェフが得意とするマジパン細工で、1輪を数分で仕上げる早技を …

イベント・お知らせ 2021/12/24

「Cradle」2022年1月号を発刊しました

特集「庄内の冬ごっつぉ」 お正月に食べる黒豆は「まめに暮らせますように」 昆布巻きは、昆布と「よろこぶ」の語呂合わせ。まだ小さい頃におばあちゃんが話してくれた、そんな冬のごっつぉのお話が切なる願いを込めたものだと知ったのは、少し大きくなってからのこと。二十四節気、七十二候。年中行事や風物詩を通し …

食・食文化 2021/12/24

2022年1月号 奥田政行
表紙・COVER NOTE

大根のヴルーテとアワビ 農家さんからいただいた大根のおすそわけを余すことなく味わうために奥田シェフが考えたのは、大根と相性の良いアワビを組み合わせた冬のスペシャリテ。おせちにも使われる「不老長寿」の縁起物のアワビは塩もみをして出た汁に1週間漬け込んでうま味を増し、大根は牛乳で煮てバター、小麦粉、ブイヨン …

Cradle 最新号
クレードル旅行倶楽部
ONLINE SHOP
サポーター募集