Gradle Plus

MENU

Cradle編集部 Cradle Editors

注目の記事 2020/12/25

ご支援の御礼と最終報告

多くの皆さまよりご支援をいただき、誠にありがとうございました。 ―クレードル発行継続のためのご支援の御礼と最終報告― 「Cradle」編集長 小林 好雄 創刊10周年記念号に「Cradle」の発行を継続していくためのご支援のお願いを 掲載して以来、多くの皆さまより温かい励ましとご芳 …

注目の記事 2020/12/25

「Cradle」2021年1月号 を発刊しました

多くの皆さまよりご支援いただき、誠にありがとうございました。創刊10周年記念号に「Cradle」の発行を継続していくためのご支援のお願いを 掲載して以来、多くの皆さまより温かい励ましとご芳志をいただきました。誠にありがたく心よりお礼申し上げます。皆さまからのご厚意にスタッフ一同とても励まされました。ご厚意にお応えでき …

注目の記事 2020/12/25

日本地域情報コンテンツ大賞2020
「ライフスタイル部門」最優秀賞 受賞

おかげさまで「Cradle」は 日本地域情報コンテンツ大賞2020「ライフスタイル部門」最優秀賞を受賞しました 「丁寧な取材による、企画・構成力ある誌面」と高く評価されました。  同大賞は全国のタウン誌などを対象に、2011年から(一社)日本地域情報振興協会が主催し、内閣府、経済産業省、農 …

食・食文化 2020/12/24

2021年1月号 表紙とCOVER NOTE

キジと豆もやしのフレーグラ イタリア・サルデーニャ州に伝わるつぶつぶパスタ「フレーグラ」と、“まめで達者な”1年になるよう願いを込めて米沢市の「小野川豆もやし」。この2つの伝統食材に合わせたキジは豆を食べて育つため、豆もやしと味覚の相性がよく、そこに干し大根も加わって、パリパリ、サクサク、もちもちと食感 …

食・食文化 2020/10/27

2020年11月号 表紙とCOVER NOTE

鳩と野菜のイヤン風 「ハーブ研究所スパール」主宰でモーガニック(moreorganic)を実践する山澤清さんは、奥田シェフの師匠であり友人であり、その料理論の原点にいる人。山澤さんが育てる食用鳩はアル・ケッチァーノの草創期を支えた食材です。このお皿は、フレンチの定番料理を模した、鴨のオレンジソースならぬ …

イベント・お知らせ 2020/08/28

「Cradle」2020年9月号 創刊10周年記念号を発刊しました

いつもご愛読ありがとうございます。クレードルはおかげさまで創刊10周年を迎えました。2010年9月創刊以来、「出羽庄内の魅力を地域内外に発信する」をコンセプトにクレードルを発刊してきました。皆さまのご支援に厚く感謝申し上げます。9月号は10周年記念号として、特集「出羽庄内、燦々と」、「庄内憧憬 特別寄稿」、奥田政行シ …

食・食文化 2020/08/28

2020年9月号 表紙とCOVER NOTE

ひつじのロースト 枯れ草の香り 54℃のひつじのローストと90℃のカモミールティー、一緒に口にすると羊肉の隠れた香りが高温によって現れ“ひつじがぴょんぴょん跳ねているイメージ”に。奥田シェフが編んだレモングラスの器に火をつけると枯れ草の香りが立ちのぼります。だだちゃ豆のさやを食べて育ったひつじと、温度で …

物・ものづくり 2020/09/02

鶴岡シルクギフトセット

クレードルショップ「iino」リニューアルオープン記念 第2弾 大人気の鶴岡シルク㈱の「シルクマスク」と、「きびそ」入りのしっとりふわふわ「今治タオル」のスペシャルなセット。お祝いに、お返しにいかがでしょうか。 鶴岡シルク×今治タオル 特別なギフトボックスでお届けします写真はフェイスタオル1 …

アート・デザイン 2020/09/11

【9/18(金)-11/15(日)】佐藤公紀100年展 - 美人画家のあゆみ

酒田市松山出身の美人画家、佐藤公紀氏。その生誕100年を記念して、館蔵品、個人所有の美人画、生前の写真、原画やデッサンを展示します。 ※同時開催 真下慶治記念室◆旅した折の日本の風景展 日時/会場   期間:9/18(金)-11/15(日) 8:30~16:00 …

食・食文化 2020/06/30

Cradle Shopリニューアル記念 食の都庄内「野菜セット」販売スタート

庄内いいもの おすそわけクレードルショップ「iino」 出羽庄内地域文化情報誌「Cradle」は創刊10周年の今年、オンラインショップ「Cradle Shop」をリニューアルし、Cradle Plusと連動した「iino(いいの)」をオープンしました。 https://cradleshop-iino.co …

食・食文化 2020/06/29

2020年7月号 表紙とCOVER NOTE

ヤギのリコッタをのせたチェリーとチェリートマトのフェデリーニ 櫛引産の佐藤錦とチェリートマトの「赤」の相乗効果。トマトをオリーブオイルと一緒に火にかけ、皮だけを“やけどさせて”からサクランボを加えると、煮汁があわさってトマトが甘ずっぱく変化します。その味をまとめるのが、毎日搾りに行くヤギのミルクから作っ …

イベント・お知らせ 2020/04/30

バックナンバー特集選りすぐり

Cradleのバックナンバーから、特集の選りすぐり記事をまとめて掲載しました。見たい特集をクリックしてご覧ください。 2013年1月号 黒川能の里 2013年5月号 土門拳の肖像 2013年7月号 ぐるっと鳥海山 2013年 …

食・食文化 2020/04/28

2020年5月号 表紙とCOVER NOTE

弁慶飯風 ゴルゴンゾーラチーズリゾット みそをつけたおむすびを乳酸発酵の青菜漬けで包んで焼いた「弁慶飯」は庄内の郷土料理。奥田シェフは、みそと青菜漬けを“発酵食品つながり”でチーズに替え、リゾットにして焼いて弁慶飯風に。さらに、みそが持つコクと甘みをフォアグラに置き換え、青菜漬けの酸味と辛みと中和させて …

レポート 2020/02/27

「新緑の高館山と善寳寺を巡る旅」
ツアーレポート【2日目】

遠くに見えるのは月山 【2日目】2019.5.19 〜善寳寺、本長へ ツアー2日目、龍の湯人気の朝食バイキングでスタート。 この日は快晴!お天気に恵まれました。まず、今年のクレードル1月号でも特集でご紹介した祈りの寺「善寶寺」を訪れます。 お寺の門から入って左手にあ …

レポート 2020/02/27

「新緑の高館山と善寳寺を巡る旅」
ツアーレポート【1日目】

【1日目】2019.5.18 〜高館山へ 庄内のクレードル旅行倶楽部で催行された5月のツアーは「高館山と善寳寺を巡る旅」。 今回は6名の方が参加してくださいました。庄内地方・鶴岡市の大山に位置する高館山は、標高270mほどの低山。初夏にはブナなどの緑が色濃く染まる、瑞々しい自然がいっぱいのスポットです。 …

食・食文化 2020/02/27

2020年3月号 表紙とCOVER NOTE

海と山のアクアパッツァ この料理の発想の原点は「日本海側の縄文時代の土器」と奥田シェフ。遺跡として発掘された土器の中身の多くは、魚と貝類と木の実、山野草などの植物で「私たちの先祖の誰もがおいしい!と思う遺伝子に刻まれた味」を再現したのがこの一皿です。魚介類と季節の植物を入れて一緒に炊き、ルッコラとクルミ …

食・食文化 2019/12/27

2020年1月号 表紙とCOVER NOTE

カモとズイキのボッリートミスト 「ボッリートミスト」はイタリア版のおでん。マンマの素朴な冬料理に、シェフの今年のテーマ「和と洋の融合」を加えた一皿は、カモ肉、ズイキ芋、ゆず、ごぼう、せり、厚揚げなどの和の食材をコンソメで洋風に仕上げ、赤ねぎのブーケガルニとズイキの芋がらで和洋の風味づけ。食材一つ一つが融 …

食・食文化 2019/10/22

フランス風郷土料理 ル・ポットフー

45年間のおいしい記憶。 クレードル2019年9月号「味なおもてなし」で紹介している「フランス風郷土料理 ル・ポットフー」のクラシカルな店舗は、来年秋、移転リニューアルによってその歴史に幕を閉じます。45年という歳月の中で、さまざまなドラマが起こったその舞台に敬意を込めて、その店舗について紹介します。 4 …

食・食文化 2019/12/13

稲刈りレポート(有機栽培米のこと)

「つや姫」 の有機栽培を行う生産者に話を聞きました。 Cradle(クレードル)ショップでは、庄内の美味しい農産物や本誌の「Cradle’s Choice」コーナーで取り上げた庄内の厳選された工芸品など、こだわりの商品を各種販売しています。中でもショップで一番の売り上げを誇るのが「農事組合法人 庄内協同ファーム …

アート・デザイン 2019/10/06

おりがね工房

驚きの金属加工表現、その続き。 クレードル2019年9月号「Cradle’s Choice」で紹介している「おりがね工房のむしむしピン」。しかし実は、山形太一さんの表現テーマは生き物だけではありませんでした。もうひとつのテーマは「甲冑」です。 甲冑シリーズの始まり 令和元年8月初旬の夏真っ盛り。取材 …

Cradle 最新号
クレードル旅行倶楽部
ONLINE SHOP
サポーター募集