Gradle Plus

MENU

Cradle編集部 Cradle Editors

注目の記事 2022/05/12

【7/11】酒井家庄内入部400年記念シンポジウム

徳川四天王筆頭・酒井忠次を祖とする酒井家3代忠勝が元和8(1622)年庄内に入部以来、今年で400年を迎えます。庄内入部400年を記念して、庄内藩の存在を広く知ってもらうために、東京でシンポジウムが開催されます。入場は無料ですが、事前申し込みが必要です。多くの皆さまからのお申し込み、ご来場をお待ちしております。 …

注目の記事 2022/05/12

高校生×企業のデザインプロダクト
酒田の観光PR手提げ袋

酒田舞娘、酒田ラーメン、庄内砂丘メロン、スルメイカ、平田赤ネギ、山居倉庫…。酒田を象徴するモチーフ10種類を大胆な構図と色彩でデザインした紙袋が、2022年2月28日に誕生しました。手がけたのは、山形県立酒田西高等学校の美術科選択の生徒とコマツ・コーポレーション(同市)。酒田市をPRする手提げ袋として、酒田市や観光物 …

イベント・お知らせ 2022/05/12

【6/15(水)】福田進一 ギターリサイタル

日本を代表する国際派クラシックギタリスト、福田進一さんのギターリサイタルが庄内町の響ホールにて開催されます。クラシックギターの超名曲集から映画音楽まで、バラエティに富んだプログラムをお届け。2020年に庄内町に移住した福田さんが、庄内から世界中にギターの音色を響かせます。 福田進一 ギターリサイタル …

注目の記事 2022/04/25

「Cradle」2022年5月号を発刊しました
全ページ閲覧できます

2022年5月号全ページは下記表紙をクリック 特集「夏の鳥海、山歩き」 あの美しく気高い姿に近づきたいという憧れと「この山よい山」と鳥海音頭を口ずさめる親しみと。 母のようで友のようで師でもあり、人々が心を寄せ信仰を集める鳥海山。 今回は「ちょっとそこまで」会いに行く気持ちで、地元の“山屋 …

注目の記事 2022/04/22

2022年5月号 奥田政行 表紙・COVER NOTE

ビーツと温海かぶのタルタル わさびジェラートのせ 見た目の愛らしさとは裏腹に、食べるとツンとした味。温海かぶ漬けの辛味とりんごの酸味が、ぼんやりした味のビーツと中和して、タルタルにすることで味を昇華させた一皿です。わさびのジェラートが溶けて6種類のハーブと合わさったソースが爽快感を生み、温海かぶの漬け汁 …

注目の記事 2021/02/17

クレードルサポーター募集中

サポーターを募集しております 《個人サポーター》Aコース:年会費 5,000円/【特典】「Cradle」年6冊、CradleカレンダーBコース:年会費 10,000円/【特典】「Cradle」年6冊、地元農産物年2回プレゼント、CradleカレンダーCコース:年会費 20,000円/【特典】「Cradle」 …

イベント・お知らせ 2022/04/22

【4/8(金)~6/19(日)】
酒井家庄内入部400年記念 松山藩360年展

  今年は酒井家庄内入部400年の節目の年であるとともに、松山藩誕生360年にあたります。 庄内藩と縁が深い松山藩の歴史、県重要文化財大手門建設などをご紹介します。付家老で博識な松森胤保、松山の鉄砲隊、おりがね工房による記念彫金作品も展示します。 酒井家庄内入部400年記念  …

イベント・お知らせ 2022/02/25

「Cradle」2022年3月号を発刊しました

特集「私のおやつ時間」 お店を持たないおやつやさん。偶然手に入ったり贈られたりして出会った そのお菓子を楽しむたび、どんな人が作っているんだろうと気になってきます。 花より団子の季節はもうすぐ、すてきな作り手の皆さんに会いにいきました。 Cradleのバックナンバーから、特集の …

注目の記事 2022/02/24

2022年3月号 奥田政行 表紙・COVER NOTE

ホワイトデーの白いズコット バレンタインデーのお返しに奥田シェフが作るのは、聖職者の頭巾を模したイタリアンドルチェ「ズコット」のオリジナル版。ホワイトチョコのコポーをふわふわにあしらい、中にもホワイトチョコのクリームが詰まっています。バラの花はシェフが得意とするマジパン細工で、1輪を数分で仕上げる早技を …

イベント・お知らせ 2021/12/24

「Cradle」2022年1月号を発刊しました

特集「庄内の冬ごっつぉ」 お正月に食べる黒豆は「まめに暮らせますように」 昆布巻きは、昆布と「よろこぶ」の語呂合わせ。まだ小さい頃におばあちゃんが話してくれた、そんな冬のごっつぉのお話が切なる願いを込めたものだと知ったのは、少し大きくなってからのこと。二十四節気、七十二候。年中行事や風物詩を通し …

食・食文化 2021/12/24

2022年1月号 奥田政行
表紙・COVER NOTE

大根のヴルーテとアワビ 農家さんからいただいた大根のおすそわけを余すことなく味わうために奥田シェフが考えたのは、大根と相性の良いアワビを組み合わせた冬のスペシャリテ。おせちにも使われる「不老長寿」の縁起物のアワビは塩もみをして出た汁に1週間漬け込んでうま味を増し、大根は牛乳で煮てバター、小麦粉、ブイヨン …

イベント・お知らせ 2021/12/24

日本地域情報コンテンツ大賞2021
「内閣府地方創生推進事務局長賞」受賞の報告と
発行継続へのご支援の御礼

おかげさまで日本地域情報コンテンツ大賞2021「内閣府地方創生推進事務局長賞」を受賞しました 当大賞は全国のタウン誌などを対象に(一社)日本地域情報振興協会が主催し、内閣府、経済産業省、農林水産省、観光庁などが後援し実施されています。2011年に始まり、11回目となる今年は審査部門244媒体、特 …

注目の記事 2021/10/29

「Cradle」2021年11月号 を発刊しました

特集「酒井家庄内入部400年①」 元和8(1622)年、酒井家3代忠勝が庄内に入部以来、来年で400年を迎えます。入部以降幾多の困難を乗り越え、米づくりを中心とした産業、藩校致道館による教育を進め、明治以降も庄内に留まり、絹織物など庄内の産業振興を支えてきました。庄内入部400年の機に、その歩み …

注目の記事 2021/10/27

2021年11月号 奥田政行
表紙・COVER NOTE

庄内麩のとんかつと アーグロピッカンテのなめこ 焼き麩と豚肉それぞれが持つわずかな苦味を合わせてコクを生んだカツレツ。ソースのなめこは炒めてぬめりを抜き、塩こしょうと酢漬けのエシャロットでくっつきを離します。マスタードの辛み+酸味+塩味でからしじょうゆ風、なめこの味がだしの役割をして、少し残ったぬめりが …

注目の記事 2021/08/27

創刊11周年、ご愛読への感謝と、さらなるご支援のお願い

クレードルはおかげさまで創刊11周年を迎えました。 「Cradle」編集長 小林 好雄 いつもご愛読いただきありがとうございます。「出羽庄内の魅力を地域内外に発信する」をコンセプトに2010年9月に創刊し、おかげさまで11周年を迎えました。多くの皆さまからのご愛読、ご支援によるもの …

食・食文化 2021/10/27

【11月号掲載】おかあさんのさじ加減
「棒鱈と大根煮」レシピ

[材料]棒鱈大根酒だし汁砂糖みりんしょうゆ 1.棒鱈を水で戻す。水を替えながら1日以上かけて十分戻す。2.鍋に棒鱈と酒を入れて火にかける。煮立ったらだし汁を加えて弱火で1時間ほど煮る。だしがなくならないように時々確認を。3.2に砂糖とみりん、しょうゆを加えて10分以上煮たら火を止め、冷まして味を …

注目の記事 2021/08/27

「Cradle」2021年9月号 を発刊しました

クレードルはおかげさまで創刊11周年を迎えました。 ―創刊11周年、ご愛読への感謝と、さらなるご支援のお願い― いつもご愛読いただきありがとうございます。「出羽庄内の魅力を地域内外に発信する」をコンセプトに2010年9月に創刊し、おかげさまで11周年を迎えました。多くの皆さまからのご愛読、ご支援によるものと厚 …

注目の記事 2021/08/26

2021年9月号 奥田政行
表紙・COVER NOTE

庄内浜の車エビと ブロッコリーのヴルーテとだだちゃ豆 奥田シェフのフレンチ的オリジナルメニュー。「ヴルーテ」とは「ビロードのようになめらか」を意味するフランス料理の基本ソースの一つです。皿にぐるぐると渦を描いたのは、ブロッコリーの茎のヴルーテと村上茶を加えたオレンジオイル。緑茶のカテキンが車エビとブロッ …

イベント・お知らせ 2021/06/29

「Cradle」2021年7月号 を発刊しました

特集「ほとりあの畔(ほとり)で」 Cradleのバックナンバーから、特集の選りすぐり記事をまとめて掲載しています。詳細はこちらから …

Cradle 最新号
クレードル旅行倶楽部
ONLINE SHOP
サポーター募集